大会参加・研究発表

参加申込

申し込みの受け付けは終了いたしました。
多数のご参加申し込みをいただきまして、ありがとうございました。

研究発表

研究発表(研究協議分科会の原稿発表)【発表原稿を大会HP掲載】+【(希望者のみ)発表者作成の発表動画をオンデマンド配信】


分科会

主題(分科会テーマ)

助言者

主題設定の理由

早期教育Ⅰ

乳幼児の健やかな発達や保護者の主体的な子育てを目指す支援の在り方

信州大学

教授 庄司 和史 氏

乳幼児が健やかに成長するための基盤である親子関係が早期に確立し、保護者が主体的に子育てに向かえるよう、早期教育の現場ではどのような支援ができるのかについて研究する。

早期教育Ⅱ

心と言葉を育むための保育実践の工夫

元筑波大学教授

公益財団法人 聴覚障害者教育福祉協会

専務理事 松本 末男 氏

幼児は豊かな生活の中で、身近な人との信頼関係を基にコミュニケーションの楽しさを知る。そうした豊かな心と言葉を育むための環境づくりと言葉の指導について研究する。

3 

 

教科指導Ⅰ

(小学部)

基礎的・基本的な学力と豊かな思考力を育てるための実践の工夫

東京学芸大学

教授 澤 隆史 氏

小学部段階で重要な基礎的・基本的な学力の定着を図りながら、児童の思考の幅を広げたり思考を深めたりするための指導方法の工夫について研究する。

 

教科指導Ⅱ

(中・高)

言語力や思考力に応じ、一人一人の学びを深めるための実践の工夫

筑波技術大学

教授 長南 浩人 氏

小学部までに身につけた言語力や思考力の実態に応じ、より高度で抽象化した学習の中で一人一人の学びを深めるための指導方法の工夫について研究する。

寄宿舎教育

寄宿舎教育における生きる力と豊かな心を育むための工夫

島根大学

教授 原 広治 氏

異年齢集団での自立した生活の中で、社会性や豊かな人間性を育むための場となる寄宿舎での指導や支援の工夫について研究する。

 

自立活動Ⅰ

(聴覚活用、発音

・発語、言語指導)

補聴機器や補聴援助システム等を活用した聴覚学習、発音・発語学習の在り方

愛媛大学

教授 立入 哉 氏

個々の聞こえの状態に応じて様々な補聴機器や補聴援助システム等を有効に活用し、保有する聴覚を最大限に生かすための聴覚学習の指導内容や指導方法について研究する。

自立活動Ⅱ

(コミュニケーション、障がい認識、キャリア形成)

自立と社会参加に向けた段階的、系統的な支援の在り方

金沢大学

教授 武居 渡 氏

卒業後の自立と社会参加に向け、個々の実態や発達段階に応じた段階的、系統的な指導内容や指導方法について研究する。

センター的機能

特別支援学校(聴覚障がい)のセンター的機能の在り方

島根大学

教授 野﨑 明彦 氏

特別支援学校(聴覚障がい)に求められるセンター的役割は多様化している。全ての聴覚障がい児がよりよい支援を受けられるように、特別支援学校(聴覚障がい)の果たすべき役割と地域や関係諸機関との連携の在り方について研究する。

 

重複障がい教育

(発達障がいを含む)

一人一人の発達段階や教育的ニーズに応じた支援の在り方

広島国際大学

教授 國末 和也 氏

特別支援学校(聴覚障がい)においては、障がいの重複化や多様化が進み、医療的ケアや聴覚情報処理障がいのような新たなアプローチを必要とする子どもたちも出てきている。このように多様化するニーズに応じたきめ細かな支援の在り方について研究する。