大会挨拶

島根大会の開催方法について


 新型コロナウイルス感染症の収束が見渡せない中、埼玉大会においては全日本聾教育研究大会で初めてのWeb開催により画期的な成功をおさめられました。

 引き続きウィズ・コロナとしての島根大会の開催をめぐっては、鹿嶋会長と埼玉大会事務局の桑原副会長、本部事務局との幾度かの協議、全国の特別支援学校(聴覚障がい)の緊急アンケートによるご意見、また秋に県内集合型で実施した島根大会プレ大会の授業研究分科会助言者からのご助言等を基に、ウィズ・コロナの地方大会として精選した集合開催及び一部Web会議のハイブリッド型の開催方法を提案したところでした。私たちの願いは、集合開催をベースに全国からの参加者と一体になって授業研究等の協議を深め、そして、助言者や参加者の皆様と直接に「ろう教育のこれから」を語り合える場にすることでした。

 しかし、今日現在の状況を鑑みて、今後も極めて厳しい見通しが予想されることから、Web会議のみの開催方法に絞ることとしました。本校の運営規模に合わせた内容となり縮小化は避けられませんが、助言者の先生方の長年にわたるご指導を基に、授業では本校らしさを発揮し、学校及び学部・寄宿舎の3年間の研究の集大成としていきたいと存じます。

 全国の会員とともに聾教育の継承とさらなる発展を目指して、本研究と大会運営にまい進していく所存です。どうぞご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

 

島根大会実行委員長 福島 朗博